« 市役所ライブ | トップページ | 藤 »

黒柳徹子さん紀念講演

新緑が美しい季節になりました。私は国際ロータリー第2570地区の2007~2008年度の地区大会に参加してまいりました。記念講演では女優、ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんの講演が武蔵野音楽大学入間キャンパスでおこなわれました。東京、乃木坂に生まれ、父はバァイオリニストで音楽の家系、彼女は東京音楽大学を卒業しNHK放送劇団に入団。現在は{徹子の部屋}はなんと33年をむかえる。また{窓ぎわのトットちゃん}は700万部の売上の日本記録を達成。ユニセフの親善大使としてアフリカ、バングラディシュ、アフガニスタンを訪問しています。発展途上国の子供は6歳から働き親の手助けをするとともに寺子屋に仕事をしてから通うという生活を毎日して明るく生きているそうです。また井戸がなく水が日本みたいに豊富でなく病気で亡くなる率が高いそうです。またアフガニスタンでは冬はー25度の気温の中はだしのまま靴を履かない子供がほとんどだそうです。またゲリラで母親は人質になりそのこどもは見せしめに片手を刃物できられでも一人で生きていく姿がなんともかわいそうだが自立して生きていく姿ーーー。日本の子供では考えられません。そして貧しい国では子供が栄養がとれず栄養失調で脳障害を起こして背も伸びない子供がたくさんいると聞いて日本の子供は大変恵まれているなと思いました。子供は勉強も大切だが何もない広場で自分たちで工夫して遊びまわると自然に体力が身に付き大切な心も育つそうですーーー。今日は大変良い講演を聞きましたーーー。

|

« 市役所ライブ | トップページ | 藤 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒柳徹子さん紀念講演:

« 市役所ライブ | トップページ | 藤 »