« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

松飾

今年も残すところあと2日になりました。街を車で走っていると松飾りが目につきます。皆さんの家でもかざりますかーーー、そもそも松飾は歳神様の依代といわれ歳神様が宿る安息地であり、神霊が下界に降りてくるときの目標物と考えられていました。この歳神様は別名をお正月様、歳神様、若年さまと呼ばれ、正月に家々にいる神をあらわし、神前には神酒、鏡餅、白米、するめ、海老などをそなえ、歳神様にたいする感謝の気持ちを表しました。Matu Matukazari

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都の旅

今年も残すとこあと4日、皆さんも正月の準備でなにかと忙しいですねーーー。私も今日で仕事から解放され、梅の盆栽にコケをちりばめ正月らしい飾り付けをしました。さて皆さんコケで有名な京都、三千院の紹介ですたいーーー比叡山延暦寺の別院ともいわれ、江戸時代には延円徳院、円融院、等と合し、梶井門跡、梨本坊等呼ばれ、三千院と呼ばれるのは明治以降でありました。中を散策するとコケがきれいに植えこんであり、なんとも言えない日本の庭園をかもしだしていました。また歴史が京都の数多い院の中でも有名な寺院であります。春の新芽が息吹くとき散策するのがコケを見るのには一番よい季節ですよーーーSanzeninkioyuto4 Niwa2kiyouto5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の話

今、世界的な不景気ですが昔の江戸でも財政がきびしい、時代がありました。それは8代将軍吉宗がてがけた享保の改革は、幕府財政の安定を最大のねらいでした。当時幕府の財政を圧迫していた要因の1つは大奥の存在でした。1000人もの女性がいて華やかな生活を送っていれば、当然莫大な経費がかかっていました。しかし、その経費削減をはかるにしても将軍の正室や側室が権威を誇っていました。そこで将軍は一計を考え奥女中の中からよりすぐり、美人を50人選び、吉宗はその美女たちに、いとまを与えたのでした。美人なら暇をだされても、ほどなく良縁があるはずと考えたからでした。こうして騒ぎがおこらないよう配慮しておこなわれました。まさに現代、その配慮もなくリストラが断行ーーー心さびしく思いいます。どの時代にもチエのある人が現われているのですがーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタクロース

由来は4世紀の東ローマ帝国小アジアの司教、キリスト教の教父聖ニコラウスの伝説が起源であります。貧しさのあまり、ニコラウスは三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知り、屋根の煙突から金貨を投げ入れたため、金貨は靴下の中に入ったという。この金貨のおかげで娘の身売りはさけられた。靴下の中にプレゼントを入れるという、習慣もここからきています。皆さんも靴下をさげてーーー金貨が入れてあったらーーー良いですね。Santa Santa2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都めぐり2

智積院                                                       今回は庭と紅梅の屏風で有名な智積院です。庭園は大書院の東側の池泉式庭園。池や築山を配し、滝組は枯山水様式。5月にはツツジュやサツキが咲き、襖絵などが展示されています。また真言宗智山派総本山としても有名です。私の家も真言宗なので京都に行くと必ず寄ってお参りをします。Chishakuin_kiyouto3 皆さんも京都に行くきかいがあったら是非寄ってください。                                 

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都めぐりー1

東京駅からのぞみ新幹線で3時間あまりで京都に尽きますがまず京都駅からバスの旅が私はよく使います。まず世界遺産で有名な清水寺ー780年(宝亀11)坂上田村麻呂助力を得て延鎮によって開かれました。四季を通じて清水の舞台は有名です。内々陣には十一面千手千眼世音菩薩を安置してます。私は秋の紅葉も良いのですが春新芽が色あざやかの頃が一番すきです。また2番坂で買い物をするのが楽しみで数年前横笛を購入ーーーたまに牛若丸の気分で自宅で吹いています。今回は清水寺を書きましたーーー。Kiyomizuview_kiyoto2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の話2

大奥と言うと篤姫の大河ドラマで有名ですが、大奥と言うと格式ばった上品の場と言うイメージが強いが、一年に1日、大いにはめをはずす好例行事があった。年越しの夜に催しされた、「新参舞」であった。新参者の歓迎会のようなものですが、実はこれは新参者には大変つらい、行事。なにしろ裸踊りをしなければならなかった。踊らされたのは奥女中、雑用を担当している人たちで育ちの良い女性だが、裸踊りをさせられたのだ。この風習はじつは身体検査、過去に刺青をしていた女性が問題になったからであった。本当にあったはなしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町散歩

今回は高田馬場~早稲田大学まで歩きました。30分歩いている内におなかがグーグー思わず、ソバやに入り美味しいそばをたべました。土曜日なので町は人手が多くにぎわいを漂わせていました。めずらしい焼きイモ屋さんを発見なんと壺でさつまを焼いていました。それはとても美味しそうでした。Isiyaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸のお話し

最近は大食いタレントがテレビで活躍する時代ですが江戸時代も大食いがけつこうもてはやされた時代、文化14年(1818年)3月23日には、大食い大会が江戸で開かれたという記録が残っている。大会では飯部門、菓子部門、そば部門に分かれて、大食いがエントリー。その食べっぷりを見物人に披露した。記録によれば三河島の三右衛門という41歳の男が味噌のおちゃずけにして飯の数が68杯、おかずは漬物だけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町散歩

仕事で新宿にでかけました。その折りなんときれいな壁絵を発見昔なつかしい、鉄腕アトム足をとめて見とれていました。埼玉では見かけない光景ですーーー。Kabee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルミネーション

あしががフラワーパークは春大藤で有名ですが、最近は夕方から、イルミネーションでライトアップ、すてきな夜を宴出してます。また家族で楽しめるスポット、癒し系、心がなごみ不景気のいやなことも忘れますよ、Asikaga1 Asikaga3 「asikaga2.jpg」をダウンロード 「asikaga4.jpg」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

工事中

お客様の家の石張り工事をしています。石はブラジル産でホームセンターの倍の厚さで一枚が大変重く2トン車が乗ってもだいじょうぶです。完成がたのしみですーーー。Kouji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みかん

我が家のみかんが色づき食べ頃になりました。小鳥も食べに来ています。味は本場とはおちますがマアマアです。来年は木を数本増やそうと思います。Mikan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人力車

一度は乗ってみたい人力車ですがーーー料金は距離と地方によりさまざまみたいです。人力車は明治から大正、昭和初期に移動手段として用いられた。また乗客が一人、二人乗りのものがありますが、日本で普及したものは一人乗りが圧倒的に多かった。特に急ぎの場会などは二人で引いたそうですーーー。Jinnriki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車庫

お客様の車庫が完成しました。3連棟なので車、物いれ、野菜倉庫に最適です。リモコンもついているので、安心です。これからの季節霜、雪対策に効果抜群ですーーー。Silyako

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »