« 町散歩 | トップページ | 京都めぐりー1 »

江戸の話2

大奥と言うと篤姫の大河ドラマで有名ですが、大奥と言うと格式ばった上品の場と言うイメージが強いが、一年に1日、大いにはめをはずす好例行事があった。年越しの夜に催しされた、「新参舞」であった。新参者の歓迎会のようなものですが、実はこれは新参者には大変つらい、行事。なにしろ裸踊りをしなければならなかった。踊らされたのは奥女中、雑用を担当している人たちで育ちの良い女性だが、裸踊りをさせられたのだ。この風習はじつは身体検査、過去に刺青をしていた女性が問題になったからであった。本当にあったはなしでした。

|

« 町散歩 | トップページ | 京都めぐりー1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の話2:

« 町散歩 | トップページ | 京都めぐりー1 »