« サンタクロース | トップページ | 京都の旅 »

江戸の話

今、世界的な不景気ですが昔の江戸でも財政がきびしい、時代がありました。それは8代将軍吉宗がてがけた享保の改革は、幕府財政の安定を最大のねらいでした。当時幕府の財政を圧迫していた要因の1つは大奥の存在でした。1000人もの女性がいて華やかな生活を送っていれば、当然莫大な経費がかかっていました。しかし、その経費削減をはかるにしても将軍の正室や側室が権威を誇っていました。そこで将軍は一計を考え奥女中の中からよりすぐり、美人を50人選び、吉宗はその美女たちに、いとまを与えたのでした。美人なら暇をだされても、ほどなく良縁があるはずと考えたからでした。こうして騒ぎがおこらないよう配慮しておこなわれました。まさに現代、その配慮もなくリストラが断行ーーー心さびしく思いいます。どの時代にもチエのある人が現われているのですがーーー。

|

« サンタクロース | トップページ | 京都の旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の話:

« サンタクロース | トップページ | 京都の旅 »