« 夏の風物詩 | トップページ | 美味しいパンの店 »

笠間稲荷

日曜日、13日にお客様がお宮を造りましした。日本三大稲荷様の一つ、笠間市の笠間稲荷神社にお参りとお札を頂に行ってきました。朝10時に出発、約2時間半で着きました。着くなりすぐにお参りをしてからお札を購入してから境内のお店せで休みました。比較的街のなかにあるのですぐにわかりました。神社のご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で正一位という最高の位をもつ神様です。創建は第36代孝徳天皇の御代、白雉2年とされ、1350年の歴史を有する由緒ある神社です。食物の神、農業の神様として崇敬されていました。笠間稲荷大神さまは、、商工業が盛んになるにつれて殖産興業の神様としての信仰も広まり、近世になると農家ばかりでなく商家、町屋、武士、大名にいたるまでご分霊をいただき、屋敷神や家庭神、地域神としてお祀りされるようになりました。また大石内蔵助も笠間藩から笠間稲荷大神さまのご分霊をいただいて邸内にお祀り、大石稲荷神社となっています。また全国から年間350万人が参拝に訪れていまあす。私ももちろんお札を頂きました。---御利益あるとよいのですがーーー。Kasma1 Kasama2

|

« 夏の風物詩 | トップページ | 美味しいパンの店 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠間稲荷:

« 夏の風物詩 | トップページ | 美味しいパンの店 »