« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

藤田朋子さん来園

6月26日(金)TVの放映がありました。初夏の日本原風景の旅であしかがフラワーパークが放映されました。赤座美代子さんと花ショウブが咲くフラワーパークはきれいに初夏の雰囲気をかもしだしていました。またバラが咲き夏の暑さを和らげるかのようでした。暑さの中、皆さんも夏の花を楽しんでみてはいかがですかーーー。Akaza Siyoubu1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲンジホタル

梅雨に入りました。雨の降らないない夜はーーーなんてーーー。ホタルを恋人と見に行くとよいかもーーー。ゲンジホタルは体調1,2cm~1,8cm本州、四国、九州で古くから初夏の風物詩として親しまれています。中でもゲンジホタルが一番大きく光も明るいのだそうですーーー。ここでなんとーーー驚いたこたがーー我が家の山のほとりに小川がありーー知人がそうっとーーーホタルを見たと知らせてくれました。私は昨夜その場所に行きーー見たよーー数匹がなんと飛んで光を放っていました。思わず夢かと自分のほおをつねりましたが本当でしたーーー。場所はないしょーーーですがーー報告までーーー。Hotaru1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハナショウブ

今ハナショウブが咲いています。花の色は白、ピンク、紫、青、黄色など多数ありますが私は紫の色が見ていて映えます。江戸時代末期竜馬も見て楽しんだお思うとなつかしい時代の花ですねーーー。Suigou 皆さんも見て楽しんでくださいーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨まじか

田植えが終わり、田には稲の苗が植えられーーそろそろ梅雨の時期に入ります。またこの時期体力を養うのはやはりーーー食事が大切ですーーー今回はわたしのよく行くレストランの紹介です。サイボクハムの一角にレストランがあります。勿論サイボクの肉を使用してますので味はたしかですよーーー。カツカレイー1380円とポークジンジャー1580円がお勧めですよーーー。一度皆さんも行った際、食べてみてくださいーーー美味しいですよ。Katukarei Pj

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今バラがまっさかり

あしかがフラワーパークは藤で有名ですがーーー今は園内がバラで大変身です。見るとバラが咲き、黄色や赤、白さまざまなバラが迎えてくれているかのようです。バラの園内の見学もよいですねーーー。またレストランノ、スパゲッテイが美味しいです。Bao1 Bao2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸のお話

久々に今回は江戸のお話です。江戸時代の若い武士は、ドキドキしながら新婚初夜を迎えた。それは初めて新妻と一夜をともにする期待感からだけではではない。その一方で、彼らは大きな不安を抱えていたのでした。じつは武士の場合、祝言当日まで新妻の顔を見ることはなかった。江戸時代、武士たちは自分の意思で結婚相手を選ぶことはできなかった。親や親戚が縁談を進め、主君から許可を得たのだから、その縁談を断ることはできなかった。だから結婚初夜、花嫁の顔を見た瞬間、大喜びする侍もいれば、愕然とする者もいました。ただ下級武士は、手ごろなところで縁談を進めるので顔見知りでした。町人は見合いが主流で親の許すがあれば恋愛結婚も許されました。なかでも湯屋で裸同士の見合いをする者もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は水浴びです

今日は久々の水浴びをしました。我が輩の主人が体が臭いがするとなんと体を洗って小さなプールで石けんでゴソゴシ手洗いーーーああなんと気持ちがよいーーー。散歩もしてくれるともっと良いのですがーーー。Inu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科のバラ

この時期、花が皆さんの庭に咲いていますが、やはり主役はバラです。我が家も小さいながらもバラ園があります。3年前白いアルミで棚をつくりもうすこしで棚をはうようになります。さてーーー前回は西武ドームのバラショーの話題を話しましたが、今回は長野県蓼科高原のバラクラ20THバラクラショーの紹介ですーーー。ケイ山田さんが西武ドームで宣伝しておりましたがバラショーが6月18日~6月23日まで開催されます。私は過去3回訪れていますがーーーなかでも入ってすぐ左きわのパン、お菓子売店の酵母パンがすきで行った際、買い求めます。また入口の売店で売っている商品にも目をひきます。中は芝生とバラ他の花が自然にコントラスよく配置してあり自然に目に映る花が語りかけてくれるかのようですーーー。一度皆さんも行ってみてはいかがですかーーー。中央道茅野インターから下車15分ぐらいです。10flowerfshow 庭の設計はイギリスから庭師がきて制作したガーデンです。Bar

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »