« 片岡鶴太郎さん来園 | トップページ | 水に浮かぶオオニバス »

川越に似ている町高岡市 

町散歩       

  今回は川越ににた街ーーー高岡市の紹介ですーーー。8月26日27日高岡市と能登の旅に出かけてきました。能登地方も夏の猛暑でしたが楽しい旅でした。中でも街並みが土蔵造りで落ち着いた風情を醸し出している。街を見ているとなぜか川越の蔵造りの雰囲気と似ていました。また銅製品の全国的に有名な町でもあります。加賀藩主前田利家は城下町の産業をと考えーーー鋳物師を招いてこの地に住まわせました。これが高岡銅器の始まりでした。高岡資料館の前に銅勢鋳物の鐘や溶解炉などが置かれています。今でも多くの銅器職人が住んでいます。皆さんも一度訪れてみてはいかがですかーーー。Taka01 「taka02.jpg」をダウンロード 「taka06.jpg」をダウンロード またレンガ造りの建物は大正3年(1914)高岡市協立銀行として当時めずらしい建物でした。現在は富山銀行の本店として使用されています。「taka03.jpg」をダウンロード

|

« 片岡鶴太郎さん来園 | トップページ | 水に浮かぶオオニバス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越に似ている町高岡市 :

« 片岡鶴太郎さん来園 | トップページ | 水に浮かぶオオニバス »