« めずらしい看板 | トップページ | 秋なのに猛暑 »

お菓子の街川越

川越の菓子屋横丁は現在22軒の菓子屋、駄菓子屋がひしめく、川越の有名な観光スポットです。素朴で昔懐かしい菓子屋が店頭で並べられていて見ていても楽しいです。私はニッキやハッカの飴をよく買います。菓子屋横丁は明治の初めころーーー鈴木藤左衛門が養寿院の門前町として栄えるこの街で江戸っ子好みの気取らないお菓子を製造したことが始まりと言われています。大正12年、関東大震災の時被害を受けた東京に代わって製造供給しました。昭和初期には70軒もあったそうです。秋風が漂い始めてきました。川越祭りは10月15(土)16(火)です。秋ーーー何かを求めて川越散歩は素朴で懐かしく温かい街角は人々に安らぎを与えくれますーーー。皆さんもKasiya 散歩してみませんかーーー。

|

« めずらしい看板 | トップページ | 秋なのに猛暑 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

是非川越祭りは行きます。お菓子も買います。楽しみです。

投稿: ヤス | 2011年9月 8日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菓子の街川越:

« めずらしい看板 | トップページ | 秋なのに猛暑 »