« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

紅葉の季節

秋がーー一段と深まり紅葉が始まりました。中でも関東では中禅寺湖や奥日光が特に見ごろですーーー。皆さんはもうーーーいかれましたかーーー。私はこれからですーーー。りんご狩りも楽しみたいですねーーー。5248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭り

川越祭りが10月20日(土)21日(日)秋の季節の良い日に行われました。祭礼は御神幸に続き、町衆が自主的に取り組む交流の営みで附祭りともいわれています。発症は京都の祇園祭でその祭礼儀式が全国に広がりました。川越では慶安年間に城主の松平伊豆の守信綱の意思により、江戸の天下祭を念頭においた都市祭礼として幕を明けています。川越の街が祭り一色になります。本川越ーー通りから~市役所に行く通りが一番賑やかで祭りが楽しめます。また美味しいーーーお菓子が川越ではあり、なかでもいもを使った菓子もいろいろ楽しめますーーー。亀屋の和菓子もお進めですよーーー。祭りの日に限らず川越に来て町を見て小江戸を楽しむーーー秋にさそわれてーーー散歩ーーー楽しいですよーーー。Kawagoematu

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鳩山カントリークラブでプレー

今年の夏ーーーあまりの暑さにゴルフをプレーしたのがなんとーーー4ケ月ぶりでした。7時30分コースに着きました、久々のゴルフ場でしたのでフロントで随分お見えになりませんでした、と言われてしまいました。早速練習を開始ーーー。パターを念入りに練習しました。8時19分仲間とスタート、自分の番がきてーーードラーバーはトップで10mーーーしか飛びませんでしたがあとはアイアンでカバー午前中は48(アウト)午後は45(イン)93回でした。久々のわりには満足でした。秋空の中ーーー仕事をわすれーー楽しくプレイした1日でした。Dsc_0203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩原多助一代記、歌舞伎

塩原多助一代記が東京国立劇場で10月5日~27日まで開催されています。5年ぶりの歌舞伎見学でした。この芝居は戦前まで245回上演されていて教科書にも乗りました。戦後は4回目だそうです。多助は幼いころ、百姓の養子となりました。やがて養父の後妻お亀の連れ子とお栄と結婚したが二人にいじめられてやがてお栄は不倫、武士と仲良くなり多助がじゃまなお栄は武士と組みーーー馬の青と買い出しにとなり村に出かけました。その帰りーーー竹槍で殺されそうになろいましたが馬の青が動かずどうしたかと多助がちかずくと何か危険を知らせているかのようでしたーーー。多助は青と村のはずれで泣き泣きわかれーーー青を残して江戸に行くのでしたーーー。江戸で炭屋へ奉公しまじめによく朝から晩まで働きましたーーー。炭屋として成功する人情味のある芝居でした。また芝居の中で何回かーーー自分自身ーーー涙がこぼれるシーンガあり、久々に良い歌舞伎見学でした。Sobara

| | コメント (1) | トラックバック (0)

江戸のお話し

久々の江戸の話ですーーー。戦いがなくなった江戸時代にあって、武士の仕事はもつぱらデスクワークで登城すると、控えの間に太刀を置き、仕事部屋で帳面つけや、調べ物をおこなった。勤務規定は非常に厳しく、無だん欠勤はもちろんのこと、遅刻、早退も厳禁。それらの禁を犯すとクビにはならないが減給、一年間俸禄をもらえないケースもありました。勤務中はトイレやお茶を飲みに行く以外は禁じれれていました。窮屈な江戸城勤務を想像しますが実働は午前10時~午後1時と3時間でした。毎日登城するのは老中や若年寄りの上流者が30人ばかりであった。大半は月に3日~5日の勤務でした。なんと実働時間は少なかったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツの秋

今年の夏は暑くーーー長い夏でした。3ケ月ーーーまったくクラブをにぎらない日が続きました。今日からーーー練習開始です。練習場で3カゴを打ち込みました。最初はボールの真に当たらなかったのですがーーー最後の方はやっと当たりが良くなりましたーーー。コースに出るのがたのしみです。Gorufu2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭園散歩

気温がさがりーーー秋らしくなってきました。庭園散歩が今一番ーーー良い季節です。都内では東京都北区にあるーー旧古河庭園が洋風と和式庭園が特徴です。草木や花、自然とともに安らぎを感じる都会のオワシスです。歴史、文化やたくさんの植物が、東京の四季に親しめます。350px1 秋ーーー散歩を楽しみませんかーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »