« 滝の入りバラ園 | トップページ | 菖蒲が満開 »

国立劇場歌舞伎見学

久しぶりの歌舞伎見学を国立劇場で壺坂霊験記を見てきました。朝からバスでまず北区の古河庭園を見学しバラが綺麗に咲いていました。また和風庭園もあり両方楽しみました。そして巣鴨のとげぬき地蔵にたちよりお参りをしてきました。午後の部を歌舞伎見学ーーー壺坂霊験記を見ました。西国33ケ所の6番南法華寺の眼病に霊験あらたかな十一面千手観音がまつられています。この寺院が壺坂山にあるので壺坂霊験記とよばれています。眼の見えない座等とその女房の深い愛情を描いた感動の物語です。芝居は眼の見えない沢市のためお里は寺に毎朝お参りしていましたがある日二人で寺にお参りしましたがお里を家に帰したあと谷底に身を投げます。胸騒ぎを覚えて戻ったお里は沢市の死骸を見て絶望し、後を追います。その二人の前に観世音菩薩が姿を現し軌跡をもたらす感動する物語でした。20150613102053

|

« 滝の入りバラ園 | トップページ | 菖蒲が満開 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場歌舞伎見学:

« 滝の入りバラ園 | トップページ | 菖蒲が満開 »